デザイナーズマンションとは? 選ぶときの注意点について。

このページでは、デザイナーズマンションに関するよくある質問をご紹介します。

デザイナーズマンションとは何ですか? 選ぶときの注意点はありますか?

私は、賃貸の部屋探しサイトで、「デザイナーズマンション」にチェックして探しているのですが、同じような物件が検索結果に多く出てきたり、いまいちどの点が、デザイナーズなのかよくわかりません。

デザイナーズマンションとは何ですか? またデザイナーズマンションで、こういうものは選ばない方がいいなどの基準はありますか?

A. 現在では、おしゃれなマンション=デザイナーズとなんとなく雰囲気で呼ばれていることがほとんどです。しかし、選ぶときは、自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

「デザイナーズマンション」とは、建築家やデザイナーがコンセプトを決め、設計・デザインしたマンションのことを指します。

しかし、すべてのマンションやアパートは、建築家が設計し、デザインしているわけなので、この基準はとても曖昧です。不動産業界全体の決まりごとがあるわけでもありません。

デザイナーズは、少しおしゃれな内装のマンション=デザイナーズとなんとなく雰囲気で呼ばれていることが多いのが実情です。

ある不動産賃貸、売買サイトでは、下記の様な特徴があるお部屋を「デザイナーズ」に分類しています。

・ 新築物件などで、建築家やデザイナーの名前が明確である
・ 部屋や内装のコンセプトがはっきりしている
・ 建物や、内装に統一感があり、際立った特徴やこだわりが見られる

物件の中には、外観はもちろん、共用部から、部屋からの眺望に至るまで、すべてが施工前に計算された物件もあります。

家賃は少し高めですが、その分メリットは多いです

デザイナーズマンションは、内装に付加価値がつけられているので、周辺相場に比べて家賃は少し高めに設定されていることが多いです。しかし、その分のメリットはいろいろあります。

・ おしゃれ。人を招きたくなる。個人事務所としてもOK!
・ 天井が高い、窓が大きいなど、「開放感」を考えられた間取りが多い
・ 共用部がしっかり管理されている

デザイナーズマンションは、おしゃれ感はハンパないです。

デザイナーズマンションで家賃が高い物件は、大体エントランスや廊下もオシャレです。壁に絵がかかってたりすることもあります。またものすごく広いリビングや、天井が高い部屋など、普通のマンションではないような間取りを選ぶことができます。

ちなみに、私は名古屋に住んでいるので、デザイナーズマンション 名古屋でネット検索をしています。

喪服は格式に応じて、正喪服、準喪服、略喪服の3種類の呼び方があります。

喪服は格式に応じて正喪服、準喪服、略喪服の3種類の呼び方をします。

和装の正喪服は五つ紋の付いた黒紋付を指します。これは、喪主をはじめ遺族や親族が着用します。

準喪服は無地の三つ紋または一つ紋付きの着物のことです。喪主以外の遺族や親族、親しい間柄の人が着用します。略喪服は、寒色系の無地に一つ紋または三つ紋の着物で、急な弔事で訪れた弔問客や一般的な会葬に出席する際、三回忌以降の法事で着るものです。

黒無地の染め抜き5つ紋は三親等までです。五つ紋の付いた着物は、格の高い正式な礼装なので、一般的には、三親等の間柄までとされています。たとえどんなに故人と親しくても、親族でない者が喪主や遺族より格の高い服装になってしまうのはなるべく避けたいもの。なので、参列者は格を下げて一つ紋の着物に黒の帯を合わせる、まとは三つ紋が礼儀です。

通夜から法要までの適切な喪服

通常、通夜には準喪服・略喪服。葬儀・告別式、初七日、四十九日、一周忌までは正喪服または準喪服を着ます。昔は、訃報を聞いて駆けつける通夜の場面で準喪服を着ると、亡くなる準備をしていたようで失礼にあたるとされてきましたが、お通夜のみに参列する方も増えた最近では、お通夜での準喪服の着用はより一般的になっています。

また、親族以外の参列者で準喪服・略喪服の和装は少なくなり、状況しだいで浮いてしまうこともあります。また、地域による文化の違いが出やすいので、最寄りの呉服店などに確認するのがおすすめです。

喪服の着物のマナー

喪服の着物を着用するとき女性の場合、髪飾りや帯留めは不要です。結婚指輪以外の指輪は外し、着物の喪服に羽織は着用しません。喪服用の着物コートはありますが、室内では必ず脱ぎます。メイクも喪服の時は、方化粧といいます。光沢のあるグロスやアイシャドー、口紅や華やかなネイルは避けましょう。

喪服の着物の準備

着物の喪服を着用する場合は、喪服を購入する方法と喪服をレンタルする方法があります。かつては、喪服を誂えて、娘が嫁ぐ際に持たせることもありました。しかし、現代ではごくまれでしょう。

かつては嫁入り道具として着物の喪服を誂え、娘が嫁ぐ際に持たせるのが主流でした。現在も全国の地域によっては、五つ紋の喪服を持たせたりします。また、19歳の厄除けに黒紋付を作る風習のある地方もあります。急な時の必要になる喪服を持っておくと助けになりますが、現代の住宅事情では小物を含めると場所を取り、保管にも気をつかうでしょう。

着物の喪服をレンタル

喪服の着物をレンタルする場合、貸衣装店、呉服店のレンタルサービスも利用できます。最近は、ネットで気軽に注文できるショップも増えてきましたね。レンタル料金の相場は、小物一式込みで約2万円です。

遺族の場合、葬儀屋さんに相談して紹介してもらうのも一つです。レンタルの場合は、直接肌につける肌着や足袋は別途、購入しなくてはならないので注意しましょう。また、喪服は柄がない分、並んで座った時の色合いや素材の差がはっきり出てしまいます。

着物の喪服を自分で購入する際の注意点
着物の喪服を購入する場合、百貨店、呉服店で購入したり、ネットの通販で購入することもできます。価格には幅があります。仕立て上がりなら10万円ぐらいで、反物から仕立てる場合においては、正絹の生地でしたら30万円〜50万円ぐらいします。

ここで気をつけたいのは、季節ごとに素材が決まっているということです。オールシーズンで着用するには、夏用、冬用の両方を用意します。

ブランドオークション代行のメリットとデメリット、注意点まとめ。

ブランドオークション代行のメリットとデメリット

ヤフオクなら自分でも出品できそうなのに、なぜわざわざオークション代行に頼むのでしょうか?そこで、利用するメリットとデメリットを比較してみましょう。

メリット
オークション代行の最大のメリットは、その道のプロが売りやすくしてくれることです。どんなに高価で状態の良いブランド品でも、出品の方法があまりわからないままだと反響もイマイチなケースが多いものです。しかし、プロがそのブランドを欲しがっている人の目にとまりやすい方法で出品してくれるので、落札率も上がります。

また、写真撮影や説明文なども、商品を欲しがっている人にわかりやすいように作ってくれるので、取引がスムーズに進みます。また、落札後の取引などわずらわしい応対もすべて引き受けてもらえます。

デメリット
オークション代行サービスが落札後に徴収する手数料には、業者によって違いがあります。落札額が安い場合、手数料と落札額が同じになり、自分の取り分がゼロというケースもある様です。

例えば、落札額が1,000円~10,000円なら50%、2,000円以下なら100%の手数料を設定している業者なら、ブランド品が9,999円で落札されても自分の取り分は5,000円で、もし900円でしか落札されなかったら、全て手数料として支払うことになってしまいます。

ブランド品の買取相場が大体いくらくらいとわかっていても、その金額で落札されるとは限りません。落札金額が低いと、手数料を引かれた後にほとんど残らなくなってしまいます。

オークション代行を利用するときの注意点について

ブランド品がオークションなら高く売れるかもしれないと思い、オークション代行を利用しようとするのは、間違いではありません。オークションでその品を欲しい人がいれば、買取相場が40万円のヴィトンのバッグが70万円で落札される可能性もあるからです。

しかし、良いことばかりではないということを、しっかりと理解して、代行業者を選ぶことが大事です。オークション代行を利用する前に、下記のポイントで検討しておきましょう。

手数料を想定しておく
オークション代行業者に支払う手数料の割合をちゃんと想定しておかないと、本来なら高く売れるはずのブランド品でも、自分に入ってくるお金は少なくなってしまうことがあります。

代行業者がオークション側に支払う手数料を誰が支払うのかも確認する必要があります。例えば、ヤフオクでは、落札金額の10%程度が手数料としてかかります。

100万円の落札額なら、10万円が手数料になります。ヤフオクへの手数料と代行業者への手数料が両方かかるとしたら、実際に自分に入るお金はかなり少なくなります。

なので、少なくとも3~5社のオークション代行業者の公式サイトをチェックし、これまでの出品実績と代行手数料を比べてみましょう。不明な点があれば、利用する前に問い合わせてみましょう。

実際にオークション代行を利用した人のブログや口コミをチェックする
ブランド品のオークション代行業者をチェックするのには、実際に利用したことがある人のブログや口コミを見てみましょう。本当に信用して代行を依頼できる業者かどうか、情報収集しておくと良いでしょう。

買取店の宅配買取システムを検討する
ブランド買取専門店は、便利な宅配買取システムを採用しているところが多いです。オークション代行の流れと同じように、申し込み後に梱包キットが送られてきて、品物を詰めて送り返せば査定をして買取金額を提示してくれます。

査定金額に納得がいけばすぐに代金を口座に振り込んでくれるという便利なサービスなので、宅配買取を使ってブランド品を売るユーザーが増えています。

宅配買取のメリットは、ブランド品を扱うプロの査定士によって鑑定してもらえるので、安定した買取価格で売れることです。オークション代行では手数料が高くつく可能性があるため、ギャンブルのような売り方をしたくない人には、便利で安心な宅配買取がおすすめです。

ブランド品のオークション代行は、オークションを始めて利用するには便利なシステムで、まれに高く売れることもあります。ただし、落札金額が安い場合は手数料が高くつくこともあり、その落差にガックリしたくないのであれば、安定したブランド品買取実績のある買取専門店の宅配買取を利用することをおすすめします

ブランドバッグレンタルがしたいという方は、こちらをチェックしましょう。

分譲住宅にかかる諸費用とは?

住宅購入で発生する諸費用には、どのようなものがあるでしょうか?

印紙税
印紙税の金額は、売買金額やローンの借入額で異なります。印紙税は、印紙税法で定められた“課税文書”に課税される税金です。課税文書には不動産売買の契約書も含まれるので、分譲住宅あるいは建売住宅を購入する際には支払わなければならないものです。

登記費用
不動産を購入する場合は、自分のものであることを公的に示すために登記行わなければなりません。登記費用とは、その手続きをする際にかかる費用のことをいいます。

登記には建物表題登記や土地の所有権移転登記などいくつかの種類があります。

物件を購入するからといって全ての登記を行わなければいけないわけではありませんが、建物表題登記など必須のものもあります。必須であるにも関わらずそのままにしていると、過料が科せられるので注意をしましょう。

このように、登記には必ず行わないといけないものもあるため、現在では新築購入時に手続きをしておくことが基本です。

ローン保証料/手数料
ローン保証料や手数料は、住宅ローンの借入時に銀行などへ支払う費用のことです。ローン保証料は、借入人がローンを支払えなくなったとき保証会社に肩代わりしてもらうための費用で、金額は1,000万円あたり20万円ぐらいになります。

支払い方法は融資時に一括で支払ったり、金利に上乗せなど金融機関によってさまざまなので、分譲住宅あるいは建売住宅を購入する際は、支払い方法について事前に確認しておきましょう。

もう一つの手数料は、住宅ローンの手続きを任せる場合にかかる費用のことです。金融機関によって金額に差はありますが、3~5万円です。ローン借入れ時に、確認しておきましょう。

固定資産税
固定資産税は、不動産を所有している人が支払う税金です。

これは市町村が固定資産評価額を元に自動的に計算して納税を課するので、世帯ごとに納める金額が異なります。

分譲住宅あるいは建売住宅の購入だけでも多額のお金がかかるため、諸費用まで支払うとなると購入者の負担はさらに大きくなってしまいます。

なので、少しでも金銭面の負担を軽くするために、住宅ローンの利用により適用される税金控除について説明します。

分譲住宅あるいは建売住宅を購入する際、ローンを利用する方がほとんどで、この場合、確定申告をすれば控除を受けることができます。

こちらの控除は、住宅を購入したり増改築をしたりしたときに適用される制度のことで、申告を行っておくことで住民税や所得税について一定の額が控除されます。

控除を利用するためには、控除を受ける年の合計所得が3,000万円以下の金額であること、10年以上に渡って分割返済する借入金があることなど、いくつか条件を満たす必要があります。なので、事前にこれらの条件を満たしているかどうか確認しておきましょう。

武蔵村山市の新築ならこちらがおすすめです。

遺品整理の時期や、遺品整理の時期の目安を解説。

遺品整理の時期とは?

遺品整理をするタイミングですが、適切な時期はいつでしょうか?

遺品整理の時期に関しては、具体的な日数などは決められていないため、正解はありません。法事の準備などがある程度落ち着いて、時間に都合がつくタイミングで整理し始めましょう。

法的な手続きが必要なものや相続税がかかるものは、早めの対処が必要です。

中には、手続きの期日が決められているものもあるので、あらかじめ調べておくと、スムーズに進められます。優先的に対処しなければならないものを先に処理して、思い出があるものは、時間をかけてじっくり片付けるなど、ものによって整理の時期を分けた方がよいでしょう。

遺品整理の時期の目安

目安としては、区切りの良い四十九日や百日法要の後や、親族が一同に集まる一周忌などのタイミングが良いでしょう。

親族がいないときに一人で遺品整理を始めてしまうと、トラブルのもとになりますので注意しましょう、遺品整理は、親族が揃って、話し合いながら行ってください。

また、故人が賃貸物件に住んでいた場合、家賃や部屋の明け渡しで、急がなければならないこともありますので、管理会社や大家さんに確認しましょう。

また、気持ちが落ち着いてからゆっくりと遺品整理を行うことも良いでしょう。

遺品整理には、自分たちで行う方法とプロに依頼する方法の二つがあります。自分たちで行う場合とプロに依頼する場合の、それぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

自分たちで行う場合

故人の遺品を、親族のみで整理するパターン方法です。遺品の仕分けから各種手続きまですべて自分たちで行います。

メリットは、費用が抑えられること、故人の残したものを丁寧に仕分けできること、などが挙げられます。しかし、多くの時間と手間を要する点がデメリットです。

また、気持ちの整理がついていない状態で行った場合、さらに悲しみが深まってしまうこともあるでしょう。

プロに依頼する場合

もう一つの方法は、遺品の仕分けから各種手続きまでをプロに依頼することです。

遺品整理士の資格を持つ、経験豊富な専門家に頼むことで、安心して任せられるというメリットがあります。

デメリットは、「第三者が介入することで相続関係にトラブルが発生する可能性がある」「費用がかかる」などが挙げられます。

依頼する会社によっては、大切なものを間違えて処分されてしまったりするおそれもあるため、信頼できる会社選びが重要です。

プロに頼もうと思っても、料金やサービスが会社によってバラバラなので、迷ってしまうかもしれません。故人の残したものを適切に処理してもらえるよう、対応が親切で自分たちの要求にちゃんと応えようとしてくれる会社を選ぶ様にしましょう。

ネットで検索するなら、「遺品整理 名古屋」「遺品整理 東京」「遺品整理 大阪」などでプロが見つかるでしょう。

マットレスのサイズと選び方とは?

この記事ではマットレスのサイズと選び方についてご紹介します。ご自身が使っているベッドのサイズを測って適したサイズを選ぶ事になります。

ベッドサイズの選び方は今の暮らし方がポイントです。夫婦2人、家族みんな、子供の一人部屋、来客用など、暮らし方に合わせた理想のベッドはどのサイズでしょうか?

セミシングルサイズからクイーンサイズ、収納、通気性など、今のスタイルに合わせた理想のベッドをお選び下さい。マニフレックスは、今おすすめのブランドです。

ベッドを購入予定の場合は、自室のどこに設置するのかイメージして、測ってから、寝心地を考えて選びましょう。

マットレスのサイズはベッドのサイズと対応していて、幅の長さで区別されます。

背丈の長さはどのサイズも195cmとなっていますが、ロングサイズのマットレスはそれより10cmほど長いのが特徴です。

マットレスのサイズがベッドのサイズより大きいとはみ出してしまいます。なので、ベッドのサイズを確かめてからマットレスを選びましょう。

以下に、マットレスのサイズの種類とその幅の長さをご紹介します。

シングル : 97cm
セミシングルサイズ : 幅80cm
ダブル : 140cm
セミダブル : 120cm
ワイドダブル : 150cm
キングサイズ : 180cm
クイーン : 160cm

それぞれ前後5cmの範囲が許容されています。

シーツなどは、このサイズが表示されているものはそれを選びましょう。何の表示もないのであればメジャーで計りましょう。

セミダブルサイズまでが1人で眠るのに適しており、2人で使うならダブル以上のサイズでないと窮く感じるでしょう。

窮屈に感じない目安は、横になった時、左右に15~20cmは幅があることとされています。

2人で使う場合、さらに2人の間にも同じ幅のゆとりが欲しいので、使う人の体格によってはダブルでも狭く感じることがあるかもしれません。

シングル
195㎝×98cm

幅98cmサイズのベッド。6畳程度の一人部屋におすすめのサイズ。男性でも寝れるサイズです。一人で使用するのにぴったるのサイズ設計です。

狭い部屋に1人で寝るので、シングルサイズが良いと思っている人もいますが、セミダブルとわずか23cmしか変わらないことを考えると、6畳間でもベッドが占めるスペースはあまり変わりありません。

しかし、幅が23cm余計にあると、横になってみるとかなりゆとりがあります。快適な睡眠には、ベッドの幅にはできるだけゆとりがある方が良いのです。