転職する時、複数の看護師転職サイトを併用した方が良い?

複数の看護師転職サイトを併用した方が良い理由とは?

複数の看護師転職サイトを利用することで確実に得られるものは、看護師求人市場の相場観です。

看護師転職サイトによって扱っている求人は異なります。勿論、重複はありますが、その看護師転職サイトでないと得られない求人が必ず存在します。そして、転職できる職場は1つだけなので、できるだけ多くの求人を見た方が良いでしょう。

実際にその求人が条件の悪い可能性がありますし、もし良い求人だったとしても、他との比較が不十分であれば転職後にもっと良い求人があったのではないかと考えてしまうでしょう。

複数の看護師転職サイトを利用することの最大のメリットは、求人市場の相場観が得られることです。相場に関する情報を集めることは実際に転職しなくても行えることです。また、看護師転職サイトは転職してもしなくても無料で利用できます。なので、活用しない手はありません。

コンサルタントの良し悪しは、実際に比較してみないとわからない

看護師が転職する際に重要になるのが担当コンサルタントの存在です。もし、看護師の転職が、求人票そのままの内容で決まるのであれば簡単です。求人情報だけ掲載されていれば十分ですので、コンサルタントは勿論、看護師に特化した転職サイトも不要でしょう。

では、なぜ看護師の場合、コンサルタントや転職サイトが必要なのでしょうか?その理由は、看護師の中途採用の場合、給与を含めた労働条件は基本的に交渉によって決まるからです。雇い主側が提示した求人票はあくまで条件のベースラインであり、最終的な雇用条件は、スキルや経験を踏まえた上で交渉によって決めます。提示された条件を無条件に受け入れる訳ではありません。

そして、あなたに有利な条件を引き出すために交渉してくれるのがコンサルタントであり、転職サイトの重要な役目です。

希望する求人票が見つからない時は、該当エリアの医療施設に「人材が不足していませんか?この様な人材はどうですか?」と問い合わせもしてくれます。特に表立って求人募集を行っていない医療施設に対して、探りを入れる事は個人では難しいです。

コンサルタントと言うと、一般的に相談にのってくれたり、助言をする人というイメージがありますが、多くの看護師転職サイトではコンサルタントは、エージェント呼ばれています。エージェントの役割は、転職を試みる看護師の代理人です。看護師の方で転職を希望している方の代わりに、交渉をまとめたりしてくれます。