喪服は格式に応じて、正喪服、準喪服、略喪服の3種類の呼び方があります。

喪服は格式に応じて正喪服、準喪服、略喪服の3種類の呼び方をします。

和装の正喪服は五つ紋の付いた黒紋付を指します。これは、喪主をはじめ遺族や親族が着用します。

準喪服は無地の三つ紋または一つ紋付きの着物のことです。喪主以外の遺族や親族、親しい間柄の人が着用します。略喪服は、寒色系の無地に一つ紋または三つ紋の着物で、急な弔事で訪れた弔問客や一般的な会葬に出席する際、三回忌以降の法事で着るものです。

黒無地の染め抜き5つ紋は三親等までです。五つ紋の付いた着物は、格の高い正式な礼装なので、一般的には、三親等の間柄までとされています。たとえどんなに故人と親しくても、親族でない者が喪主や遺族より格の高い服装になってしまうのはなるべく避けたいもの。なので、参列者は格を下げて一つ紋の着物に黒の帯を合わせる、まとは三つ紋が礼儀です。

通夜から法要までの適切な喪服

通常、通夜には準喪服・略喪服。葬儀・告別式、初七日、四十九日、一周忌までは正喪服または準喪服を着ます。昔は、訃報を聞いて駆けつける通夜の場面で準喪服を着ると、亡くなる準備をしていたようで失礼にあたるとされてきましたが、お通夜のみに参列する方も増えた最近では、お通夜での準喪服の着用はより一般的になっています。

また、親族以外の参列者で準喪服・略喪服の和装は少なくなり、状況しだいで浮いてしまうこともあります。また、地域による文化の違いが出やすいので、最寄りの呉服店などに確認するのがおすすめです。

喪服の着物のマナー

喪服の着物を着用するとき女性の場合、髪飾りや帯留めは不要です。結婚指輪以外の指輪は外し、着物の喪服に羽織は着用しません。喪服用の着物コートはありますが、室内では必ず脱ぎます。メイクも喪服の時は、方化粧といいます。光沢のあるグロスやアイシャドー、口紅や華やかなネイルは避けましょう。

喪服の着物の準備

着物の喪服を着用する場合は、喪服を購入する方法と喪服をレンタルする方法があります。かつては、喪服を誂えて、娘が嫁ぐ際に持たせることもありました。しかし、現代ではごくまれでしょう。

かつては嫁入り道具として着物の喪服を誂え、娘が嫁ぐ際に持たせるのが主流でした。現在も全国の地域によっては、五つ紋の喪服を持たせたりします。また、19歳の厄除けに黒紋付を作る風習のある地方もあります。急な時の必要になる喪服を持っておくと助けになりますが、現代の住宅事情では小物を含めると場所を取り、保管にも気をつかうでしょう。

着物の喪服をレンタル

喪服の着物をレンタルする場合、貸衣装店、呉服店のレンタルサービスも利用できます。最近は、ネットで気軽に注文できるショップも増えてきましたね。レンタル料金の相場は、小物一式込みで約2万円です。

遺族の場合、葬儀屋さんに相談して紹介してもらうのも一つです。レンタルの場合は、直接肌につける肌着や足袋は別途、購入しなくてはならないので注意しましょう。また、喪服は柄がない分、並んで座った時の色合いや素材の差がはっきり出てしまいます。

着物の喪服を自分で購入する際の注意点
着物の喪服を購入する場合、百貨店、呉服店で購入したり、ネットの通販で購入することもできます。価格には幅があります。仕立て上がりなら10万円ぐらいで、反物から仕立てる場合においては、正絹の生地でしたら30万円〜50万円ぐらいします。

ここで気をつけたいのは、季節ごとに素材が決まっているということです。オールシーズンで着用するには、夏用、冬用の両方を用意します。