遺品整理の時期や、遺品整理の時期の目安を解説。

遺品整理の時期とは?

遺品整理をするタイミングですが、適切な時期はいつでしょうか?

遺品整理の時期に関しては、具体的な日数などは決められていないため、正解はありません。法事の準備などがある程度落ち着いて、時間に都合がつくタイミングで整理し始めましょう。

法的な手続きが必要なものや相続税がかかるものは、早めの対処が必要です。

中には、手続きの期日が決められているものもあるので、あらかじめ調べておくと、スムーズに進められます。優先的に対処しなければならないものを先に処理して、思い出があるものは、時間をかけてじっくり片付けるなど、ものによって整理の時期を分けた方がよいでしょう。

遺品整理の時期の目安

目安としては、区切りの良い四十九日や百日法要の後や、親族が一同に集まる一周忌などのタイミングが良いでしょう。

親族がいないときに一人で遺品整理を始めてしまうと、トラブルのもとになりますので注意しましょう、遺品整理は、親族が揃って、話し合いながら行ってください。

また、故人が賃貸物件に住んでいた場合、家賃や部屋の明け渡しで、急がなければならないこともありますので、管理会社や大家さんに確認しましょう。

また、気持ちが落ち着いてからゆっくりと遺品整理を行うことも良いでしょう。

遺品整理には、自分たちで行う方法とプロに依頼する方法の二つがあります。自分たちで行う場合とプロに依頼する場合の、それぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

自分たちで行う場合

故人の遺品を、親族のみで整理するパターン方法です。遺品の仕分けから各種手続きまですべて自分たちで行います。

メリットは、費用が抑えられること、故人の残したものを丁寧に仕分けできること、などが挙げられます。しかし、多くの時間と手間を要する点がデメリットです。

また、気持ちの整理がついていない状態で行った場合、さらに悲しみが深まってしまうこともあるでしょう。

プロに依頼する場合

もう一つの方法は、遺品の仕分けから各種手続きまでをプロに依頼することです。

遺品整理士の資格を持つ、経験豊富な専門家に頼むことで、安心して任せられるというメリットがあります。

デメリットは、「第三者が介入することで相続関係にトラブルが発生する可能性がある」「費用がかかる」などが挙げられます。

依頼する会社によっては、大切なものを間違えて処分されてしまったりするおそれもあるため、信頼できる会社選びが重要です。

プロに頼もうと思っても、料金やサービスが会社によってバラバラなので、迷ってしまうかもしれません。故人の残したものを適切に処理してもらえるよう、対応が親切で自分たちの要求にちゃんと応えようとしてくれる会社を選ぶ様にしましょう。

ネットで検索するなら、「遺品整理 名古屋」「遺品整理 東京」「遺品整理 大阪」などでプロが見つかるでしょう。