マットレスのサイズと選び方とは?

この記事ではマットレスのサイズと選び方についてご紹介します。ご自身が使っているベッドのサイズを測って適したサイズを選ぶ事になります。

ベッドサイズの選び方は今の暮らし方がポイントです。夫婦2人、家族みんな、子供の一人部屋、来客用など、暮らし方に合わせた理想のベッドはどのサイズでしょうか?

セミシングルサイズからクイーンサイズ、収納、通気性など、今のスタイルに合わせた理想のベッドをお選び下さい。マニフレックスは、今おすすめのブランドです。

ベッドを購入予定の場合は、自室のどこに設置するのかイメージして、測ってから、寝心地を考えて選びましょう。

マットレスのサイズはベッドのサイズと対応していて、幅の長さで区別されます。

背丈の長さはどのサイズも195cmとなっていますが、ロングサイズのマットレスはそれより10cmほど長いのが特徴です。

マットレスのサイズがベッドのサイズより大きいとはみ出してしまいます。なので、ベッドのサイズを確かめてからマットレスを選びましょう。

以下に、マットレスのサイズの種類とその幅の長さをご紹介します。

シングル : 97cm
セミシングルサイズ : 幅80cm
ダブル : 140cm
セミダブル : 120cm
ワイドダブル : 150cm
キングサイズ : 180cm
クイーン : 160cm

それぞれ前後5cmの範囲が許容されています。

シーツなどは、このサイズが表示されているものはそれを選びましょう。何の表示もないのであればメジャーで計りましょう。

セミダブルサイズまでが1人で眠るのに適しており、2人で使うならダブル以上のサイズでないと窮く感じるでしょう。

窮屈に感じない目安は、横になった時、左右に15~20cmは幅があることとされています。

2人で使う場合、さらに2人の間にも同じ幅のゆとりが欲しいので、使う人の体格によってはダブルでも狭く感じることがあるかもしれません。

シングル
195㎝×98cm

幅98cmサイズのベッド。6畳程度の一人部屋におすすめのサイズ。男性でも寝れるサイズです。一人で使用するのにぴったるのサイズ設計です。

狭い部屋に1人で寝るので、シングルサイズが良いと思っている人もいますが、セミダブルとわずか23cmしか変わらないことを考えると、6畳間でもベッドが占めるスペースはあまり変わりありません。

しかし、幅が23cm余計にあると、横になってみるとかなりゆとりがあります。快適な睡眠には、ベッドの幅にはできるだけゆとりがある方が良いのです。